Apple Watchの心拍計をZwiftにリンクさせてみました。

Apple Watchの心拍計をZwiftにリンクさせてみました。

最近ほとんど乗っていないTacx Neoがホコリをかぶっていたので、今日は掃除ついでにZwiftをやるためにサブスクリプションを再開しました。
あんまりストイックにやると続かないのは知っているのですが、何故かローラー台に向かうと気持ちが真剣になってしまいがちです。しばらく乗らないと「ああ、乗らないとダメだ」と謎の義務感が発生してしまい結局は言い訳を考えて乗らなくなってしまう。嫌なら他の楽しい事をしてエンジョーイ!した方がよっぽど健全的なのですが、ストイックに初めだけ頂(いただき)を目指してしまうのは一体なんなんでしょうね。
ということで久しぶりにZwiftをやろうと思ったのはトレーニングメニューが追加されたのを知り、Apple Watchの心拍をリンクさせてiPoneの「ヘルスケア」機能でログを取ってみようと思ったからです。最近は無理なプランを考えず昼休みに20分くらい散歩したりしていて、少しずつの運動が一週間、一ヶ月と蓄積されると小さな自信になって継続するようになりました。なのでZwiftも90分メニューを毎日やるのは無理だと分かっているので目標は立てずに乗りたい時に乗って、Apple Watchのアクティビティリングを完成させるのに役立てば小さな達成感につながると思っています。

Zwiftを起動させ、心拍計を選択すると「検索中・・・」となりますが、Apple Watchは認識してくれません。これにはZwiftとは別のアプリ「Zwift Companion」をiPhoneにインストールする必要があります。(2019年1月現在)
「Zwift Companion」をインストールしたら、画面下の「その他」から「設定」→「デバイスの接続」でApple Watchに接続します。その際、ヘルスケアデータへのアクセスを要求するので許可します。ヘルスケアデータのアクセス許可の設定はiOSの「設定」→「プライバシー」→「ヘルスケア」からアクセスを要求したアプリ一覧を見ることができます。
いちどZwiftアプリを終了して、再起動すると心拍計一覧にApple Watchの表示が出るようになります。

Zwift CompanionでApple Watchと接続します。(2019年1月現在)
Zwift CompanionでApple Watchと接続します。(2019年1月現在)
Zwift Companionで接続後、一度Zwiftを再起動すると認識しました。
Zwift Companionで接続後、一度Zwiftを再起動すると認識しました。
Apple Watchには心拍が表示されます。
Apple Watchには心拍が表示されます。

まだZwiftのコース選択になれていないので傾斜がきついルートをつい選んでしまって止まりそうなスピードで坂道を登ることが多いです。かといって平坦だと飽きるんだろうなぁ・・・。トレーニングモードにはftp計測や脂肪燃焼コースなど多種多様なトレーニングがありますが、初心者コースあたりがいいんでしょうかね。傾斜があってもいいんですが変速すると「カンカンカン!!」と部屋に響き渡り、稼働音が少ないTacx Neoを買ったので音がしないように変速に億劫になりがちです。別に乗っているのが夜中じゃないので気にしないようにします。あとで確認しましたがアクティビティリンクにはしっかり運動時間が加算されてグリーンのラインが伸びていました。ムーブには加算されないみたいです。まぁ場所を動いていないから仕方ないか。

こういうバーチャルなステージも面白いですよ。
こういうバーチャルなステージも面白いですよ。

Apple Watchでスマホを見なくても時間が分かるようになったのは革新的ですが()、アクティビティリンクやヘルスケアで億劫になりがちなライフログを記録できるようになったのは何気に便利です。これからは頑張らないで楽しみを主目的に遊びたいと思います。