Kona 2018年モデルが凄くいいかんじみたい。

Kona 2018年モデルが凄くいいかんじみたい。

KONAの2018年モデルの発表パーティーが昨日東京のレッドブルであったそうで、さらに昨日と今日と自転車屋さん向け展示会も開催されているようです。ブログやツイートなどを拝見させていただくと、どのお店の店主や店員さんも興奮冷めやらぬ様子でKonaの2018年モデルをおススメしております。
そこで海外のサイトと日本の情報を照らし合わせて気になったバイクをピックアップしてみました。
*価格は展示会へ行った自転車屋さんのブログを参考にしています。(税別)
正式なカタログを参考にしていないため間違っている場合があります。あらかじめご了承ください。
 


ROVE ST: 165,000円

Kona Rove ST 2018年モデル
Kona Rove ST 2018年モデル

 

今年のROVE STは渋いブルーの塗装になりました。2016年モデルのグリーンも良かったのですが、ブルーの色合いもなかなかいいです。コンポはRival1だそうで去年と変わらないみたいですが、やっぱり2018年モデルも凄くお得です。

 


 

ROVE NRB DL: 234,000円

Kona Rove NRB DL 2018年モデル
Kona Rove NRB DL 2018年モデル

 

WTBの650bタイヤにアルミフレーム、コンポは105の油圧だそうです。これは結構お値打ちじゃないですか。金属的な色合いも凄くいいです。前にグラベルバイクを紹介した時にヨーロッパのサイトで先行販売されていたモデルと同じかもしれませんね。

 


 

ROVE LTD 386,000円

 Kona Rove LTD 2018年モデル
Kona Rove LTD 2018年モデル

こちらはWTBの650bタイヤにReynolds 853クロモリフレーム+カーボンフォークという組み合わせです。これも物欲ツボをついてきてますね! 色も鮮やかで綺麗です。コンポは1×11のFORCE1油圧だそうです。前に紹介したモデルは限定色だったのか、色は違いますがコンセプトはなんとなく一緒のような気がします。

 


 

UNIT X: 136,000円

Kona Unit X 2018年モデル
Kona Unit X 2018年モデル

 

ドロップハンドルじゃなくてMTBなのですが、クロモリのフルリジッドシングルMTBという変態・・・もとい、異色のバイクが昔からありました。Unitというバイクなのですが今年は新しいバージョンとして「X」が名前につきました。変速がついて15万円未満というお値段で登場してきました。これは凄くいい・・・。コンポはSRAM NXで1×11、タイヤ径は650bなんですね。妄想がはかどります。

 
カーボンフレームのMTBももちろん発表されているのですが、アルミやクロモリのスティールバイクも傷など気にしないで遊べる利点があると最近思い始めています。サドルバッグも大きすぎるとカーボンフレームやサドルのカーボンレールに応力がかかりすぎて想定していない事になりかねないので(スティールも無理なものは無理ですが)、ある程度雑に扱えそうなスティールバイクで好きな道を走るのは楽しいかもしれません。それがグラベルでも荒れた路面でもトレイルでも玄関を開けて直ぐにライドが始まるというのは更にバイクに乗っている時間が増えて、より楽しくなるんじゃないか思っています。

参照先
展示会情報★当店オススメのカナダブランド【 KONA / コナ 2018モデル 】をご紹介!(ハードテルMTB、街乗りクロスバイク編)
【速報】ゴリゴリにカッコイイ!2018年モデルの展示会に潜入です☆
画像参照先|Tredz Bikes