2018年もグラベルバイクは進化する?

2018年もグラベルバイクは進化する?

2017年のシーオッタークラシックではグラベルバイク、もしくはアドベンチャーバイクと言われるカテゴリーが依然として人気みたいでした。最近になってシーオッターで発表されたグラベルバイクが実際に海外のサイトで2018年モデルのアーリーモデルとして予約販売を開始しているのをチラホラと見かけるようになりました。

SOC17: Kona eyes Road Plus with new Rove NRB DL and LTD, plus new Major Jake, and Remote eBike

KonaのアドベンチャーeBike
KonaのアドベンチャーeBike

印象的だったのは海外と日本のeBike市場の違いでしょうか。日本ではママチャリの電動アシストくらいしかイメージが湧かないのですが、海外では大きなカテゴリーへと背長しています。KONAだけでなく自転車メーカーのほとんどがeBikeマーケットに参入していて日本以外では盛り上がっています。国によってターゲット層は違うので一概には言えませんが、例えばアドベンチャーバイクだと電動アシストをつけることで車では行けない穴場の釣りスポットへ楽に移動できます。スポーツバイクのみを楽しむのではなく移動手段としてのeBikeが普及すれば市場は拡大するので大きな商機につながるでしょう。

一方でスポーツバイクのグラベルバイクで派手な先手を打ったのはスペシャライズドじゃないかなと思っています。

スペシャライズド2018年モデルが少しずつ登場|イロハカの新自転車日記

先日のブログでも紹介したようにDivergeが大幅にリニューアルされてMTBジュニア世界チャンピオンで今やスプリンターとして知らぬ人はいないペテル・サガンを起用したCMはセンセーショナルでしたし、なにしろ野山を楽しそうに飛び跳ねたりトリックを決めたりして遊ぶ様子は見ていてワクワクするものでした。

Specialized Diverge E5 2018年モデル-118,800円(税込)
Specialized Diverge E5 2018年モデル-118,800円(税込)

個人的に気になっているKonaは色々と出してくるみたいなのですが、まだ確定的な情報が少ないです。
そんな中でも9月頃に海外で発売予定のKonaのRove NRBはなかなか良さそうです。
Roveシリーズは現在クロモリフレームとアルミフレーム(あとチタンのフレームセット)と展開していますが、Rove Ltdはクロモリ、Rove NRBはアルミフレームで650bでは47mmのタイヤ、700cでは40mmのタイヤが付けられるクリアランスを確保していて、スルーアクスルやインターナルケーブルなんかは昔のバイクとは一味違う新しい技術を取り入れて現代風になっています。

Kona Rove Ltd 2018年モデル
Kona Rove Ltd 2018年モデル
Kona Rove NRB 2018年モデル ヨーロッパのサイトでは1799ユーロ(約23万円)で予約受付中のようです。
Kona Rove NRB 2018年モデル ヨーロッパのサイトでは1799ユーロ(約23万円)で予約受付中のようです。

最近とくに思うようになったのは、グラベルバイクを買うならカーボンじゃない方がいいかも、ということです。個人的な意見なので参考までにしてほしいのですが、地元の道を走っていると砂利やら劣化した道路にある小石がバシバシフレームに当たることがあって、とにかくカーボンバイクだと気を遣います。カーボンフレームの特性としては引っ張り強度は強いのですが、尖ったものには弱い場合があります。レースや普通に一般道をサイクリングするくらいなら軽くて振動吸収性のあるカーボンが良いと思いますし実際に乗っていて快適に走れています。しかし色んな条件の路面を走るなら多少へこんでも構わない金属フレームが良いのではないかと思っています。

線引きが難しいのですが、グラベルバイクにサスペンションはどうなんでしょうね。CannondaleのSlateみたいにフロントサスぐらいでいいのかなぁと思っています。フルサスが必要ならMTBの方がよいでしょう。この辺は地域によっても考え方は変わるのではないかと思います。

Ninerのフルサスドロップハンドルバイク
Ninerのフルサスドロップハンドルバイク
Pivotのサスペンション付きバイク
Pivotのサスペンション付きバイク

*2017年7月1日追記:FUJI Bikesから2018年モデルの「JARI」(砂利)が発表されました!

日本生まれのブランドFUJIは1899年創業の「日米富士自転車」が現在はアメリカのブランドとなって逆輸入されて日本で販売されています。「feather」とか「フジトラック」はカッコよくて好きなのですが、「JARI」というモデルがあったことは知りませんでした。
シクロワイアードの記事がとても詳細に紹介しているのでぜひご一読いただきたいと思います。

FUJI JARI 1.1 2018年モデル
FUJI JARI 1.1 2018年モデル

バイクトリップに連れ出してくれるアドベンチャーバイクのラインアップが拡充 フジ JARI

来年モデルのSlateも気になりますね!また情報が入ったらお知らせしたいと思います。

(追記:2017年7月7日)
この2~3日でキャノンデールの発表会があったらしく(海外で)、画像が検索に引っかかってきました。これが日本に輸入・販売されるかはともかく、Slate Apexの塗装はなかなかいい感じです。

Fat Caad1と呼ばれるファットバイクのレフティー。
Fat Caad1と呼ばれるファットバイクのレフティー。
Slate Apex 2018年モデル
Slate Apex 2018年モデル
Slate Ultegra 2018年モデル。変わらないような気が・・・。
Slate Ultegra 2018年モデル。変わらないような気が・・・。

またググってみて情報が出てきたら紹介したいと思います。

(追記:2017年8月24日)
キャノンデールのSlateの情報を新たに見つけましたので記事にしました。
キャノンデールSlateの2018年モデルは2種類?

Konaの2018年モデルが発表されたようです。色んなお店のブログなどから情報を探してみました。
Kona 2018年モデルが凄くいいかんじみたい。