スペシャライズド2018年モデルが少しずつ登場

スペシャライズド2018年モデルが少しずつ登場

キャノンデールもそうですが、最近のスポーツバイクは一気に新商品を発表というよりタイミングを見計らって発表するようになってきました。その方が目立たせることができますので解禁にあわせて大量の情報に埋没しないというメリットがあります。そもそも論ですが、もうイヤーモデルというのはやめたほうがいいんじゃないのかなぁと個人的には思っています。年度が変わると旧モデルというのが発生してしまい、在庫処分セールへと流れてしまうのは勿体無い気がします。
そりゃ新しいモノは大好きなので新モデルというのはワクワクしますが、何か明確なイノベーションというのが見えると納得もします。
そんな「Innovate or Die」(革新か死か)を謳うスペシャライズドからは進化した新しいモデルが登場してきました。

6月になってスペシャライズド公式から発表されたのが新しくなったロードバイク「Allez」(アレー)、シクロクロスバイク「Crux」(クラックス)、グラベルバイク「Diverge」(ディヴァージュ)です。

アレーが新しくなった!

Specialized Allez 2018年モデル
Specialized Allez 2018年モデル

Allez(アレー)はスペシャライズドが初めて自社ブランドとして発売したロードバイクで、今回のモデルチェンジでかなりジオメトリが変わったんじゃないかと思います。どちらかというとシートチューブの途中からシートピラーが伸びるスタイルはルーベに似ている感じがして(Allez Sprintもそうですけどね)ロングライドもこなせるオールマイティーなバイクになったのではないかと感じさせてくれます。
アレーについてはスペシャライズド公式でも熱く語られているので、そちらを読んでみるのが一番だと思います。
ALLEZ2018モデルが初心者におすすめのアルミロードバイクである理由|スペシャライズドオフィシャルブログ

グラベルバイクはDivergeがメインに?

ペテル・サガンがひたすらドリフトさせているクルマの上に謎のバイクがチラッと映っている予告トレーラーまで出して全世界に公開したDivergeの動画は世界の自転車ファンの話題となりました。ルーベに搭載されているFuture Shockを内蔵し(コイルはルーベとは違う)、タイヤは700x42mm、もしくは650bx47mmも可能なフレームとなり、完成車で買っても改造しがいがある仕様になっています。

Specialized Diverge E5 2018年モデル-118,800円(税込)
Specialized Diverge E5 2018年モデル-118,800円(税込)

日本ではS-worksは発売されないのですが、Divergeに限って言えば必要ないかもしれません。アルミフレームでフレームがボロボロになるまで遊び倒すのがいいかも。なかなか動画のようなトレイルは見つからないものですが、案外身近にアスファルトが劣化して補修もしない道路や山道なんかには遭遇すると思います。高いモデルでも安いモデルでも買って玄関を開けたら即ライドが始まるというのはグラベルバイクの最大の特徴であり、最大の魅力でしょう。普通はフィールドまでバイクを持って行ってからスタートというパターンが多いところが、グラベルバイクなら家から既にフィールドまでは繋がっている訳なので、街を抜けて川の堤防を走り山やダートを走って帰宅するまでの全ての時間がグラベルライドとなるわけです。
Sequoia(セコイア)との違いがわからなくなってきましたが、ゼルツインサートを一切なくしてスペシャらしい特徴をバッサリ切ったのは凄いなぁと思います。世界的にやっぱりグラベルバイクというカテゴライズが認知されてきて各社も試行錯誤しながら開発してきたんだと感じています。

スペシャライズドオンラインストア

7月には発表予定?

Specialized 次期Tarmacと噂されるバイク
Specialized 次期Tarmacと噂されるバイク

既にネットには「ひと足お先にスペシャライズドの展示会に行ってきました!」と書いている店長さんのブログをチラホラ散見するのですが、僕が登録しているスペシャライズドのメールマガジンには7月に発表会が東京と大阪であると書かれていました。でも公式ツイッターにも他のメディアで何も書かれていないので、リーク情報ばかり集める輩を呼び寄せる罠ではないかと疑っています。(そんな訳ない)
Tarmacにしても新しい技術革新は見ていて夢を感じますね。
(Divergeください)

*2017年7月1日追記:TarmacSL6が発表されました!

S-works Tarmac SL6 登場!
S-works Tarmac SL6 登場!

競技選手のポジションや身長などの膨大な統計の結果、フレームのジオメトリは男女共通となったようです。ハンドル幅やブラケットのリーチなどは変わるのかもしれませんが、フレームは共通で良いとの結論は興味深いです。

The New Tarmac |Specialized(日本語ページ)

スペシャライズドから29erMTB「Chisel」が登場

Specialized Chisel Men DSW EXPERT 29er 2018
Specialized Chisel Men DSW EXPERT 29er 2018 |199,800円(税込)

美しいフレームが魅力的なアルミバイクが登場しました。スペシャライズドの「Chisel」。
エントリーグレードモデルは167,400円(税込)とお値打ちです。アルミの溶接技術はしっかりと進化していて美しいフレームになっています。単に丸いパイプを溶接している訳じゃないんですね。凄い。
今年のスペシャは一味も二味も違いますね。